スピーチ例文~新婦の友人編

~【例文】新婦の友人の作り方~

スピーチの例文集「新婦の友人編」を紹介しています。結婚式、披露宴でスピーチを頼まれた・・・。どうしよう。という時にこのスピーチ例文集が役に立ちます!まずは、そのまま練習してみて、そこから自分なりのアレンジを加えるといいスピーチになりますよ。

~【オーソドックスに】~新婦の友人①(女性のスピーチ)~1分30秒~

※①○○、結婚おめでとう。専門学校で○○さんと同じクラスだった○○と申します。今も月に2回は会って、楽しくおしゃべりしている友人です。今日は、「結婚なんてしないで、世界を飛び回る仕事を一生続ける」といっていた○○を変えた方に会えると、楽しみにして参りました。
○○は婦人靴を輸入するバイヤーをしていて、世界を飛び回っています。商社にお勤めの○○さんと知り合ったのは、飛行機の中だとか。なんと偶然2回も、隣りの席に座ったのだそうです。初デートは、ローマのレストランでの食事だったといいますから、普通に会社勤めをしている私には、夢の中のお話みたいです。
ご友人のスピーチを聞かせていただいてますと、○○さんは、包容力のある素晴らしい男性のようですね。○○、素敵な人と知り合えてよかったね。これからもエネルギッシュに輝き続けてください。
○○さん、○○をよろしくお願いします。
※①:親しい友人らしく、いつも呼んでいるとおりに呼びかけてもよい。
(アイデア)
新婦の親しい友人として、素敵な男性に知り合えてよかったと安心した心情をスピーチにする。新郎の友人のスピーチの話も取り入れて。
(注意)
新婦中心の話題でスピーチをまとめた場合でも、締めくくりに新郎へのひと言を添えたい。

~【オーソドックスに】~新婦の友人②(女性のスピーチ)~1分30秒~

○○さん、○○ちゃん、ご結婚おめでとうございます。ただいまご紹介いただきました○○と申します。
○○ちゃんには、短大時代に本当にお世話になりました。短大は、4年制大学の半分で終わるから、楽なのかと思って入りましたら違っていました。そのぶん、朝から晩まで授業がびっしりだったのです。当時、私は身体が弱くて学校を休みがちでした。ですから、○○ちゃんにノートを見せてもらえなかったら、私の卒業はなかったと思うのです。○○ちゃんも、 演劇部に所属していて毎日練習をしていましたので、いろいろと大変だったと思うのですが。
※①面倒見のよかった○○ちゃん、困っている人のことを放っておかなかったやさしい○○ちゃん、幸せになってね。○○ちゃんをお嫁さんにするなんて、○○さんは幸せな方です。しっかりと○○さんを癒してあげてくださいね。お幸せに。
(アイデア)
学生時代に新婦のお世話になったお礼を述べことで、新婦の人柄がかわる。
※①:新婦への心のこもったお祝いの言葉を贈る

~【激励型】~新婦の友人③(女性のスピーチ)~1分30秒~

本日はおめでとうございます。私は○○さんと同じクラスで仲良くさせていただいている、○○と申します。※①まずは、○○さんのことをいつものように○○ちゃんと呼ぶことをお許しください。
○○ちゃん、おめでとう。花嫁姿、とっても綺麗よ。
○○さんは本当に頼りになりそうな方なので、同級生として安心しました。まだ20歳になったばかりの私たちなのに、しかもまだ大学生なのに、○○ちゃんは奥さんになるのですから、驚いてしまいます。
ご両親が海外に転勤されるにあたって、一人娘をたった一人で日本に置いておくのは心配だと、3年間お付き合いしてきた○○さんとの結婚を急ぐことになったのだそうですね。○○ちゃんは学生ですが、○○さんは社会人を5年もされている方ですもの、しっかりとリードしてくださいますね。○○さん、○○ちゃんを幸せにしてあげてください。がんばれ、○○ちゃん!応援しています。
※①:最初に愛称で呼ぶことについての断りを入れると、気がねなく自然体で話ができる。
(アイデア)
学生結婚の友人のためのスピーチなら、若々しく、友人の結婚を応援するようなまとめ方をしたい。

~【しみじみと】~新婦の友人④(女性のスピーチ)~1分30秒~

○○さん、○○さん、ご結婚おめでとうございます。※①いつもキリリとした印象の○○さんが、今日はなんだかフワフワした雰囲気なので、驚いてしまいました。とっても綺麗です。申し遅れました。私は、○○さんの短大時代の友人の○○といいます。
学生時代、よくお互いの家におじゃまし合って、一緒に勉強していました。私たちがいた生活科学科というのは、ほとんどの授業が実践的なものだったので、毎日がとても楽しかった気がします。家の設計図を書いたり、お豆腐をつくったり、人の深層心理を研究したりと、人生のどこかで役に立つかもしれないことを、幅広く学びました。
結婚を機に、○○さんはお勤めを辞めて主婦業に専念するとうかがっていますが、きっといい奥さんになると思いますよ。だって、調理実習ではいつだって、○○さんのお料理が一番おいしかったですもの。
○○さん、期待してください。それでは、お二人仲良くお幸せに。
※①:友人らしい視点で、当日の新婦の美しさをほめたたえる。
(アイデア)
学生時代に学んだことをさらりと紹介し、それを結びでうまくまとめたスピーチ。学んだ分野を専門的に紹介する必要はない。
(注意)
新郎に対してのコメントを、結びにさらりと入れたい。

~インフォメーション~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP