スピーチ例文|新郎の職場の後輩編

~【例文】新郎の職場の後輩の作り方~

スピーチの例文「新郎の職場の後輩編」をまとめています。年下の後輩の結婚式や披露宴、2次会などでスピーチを失敗しないためにもまずはここの例文「ひとひねり編」「オーソドックス編」でスピーチ作りを練習してみましょう。

【ひとひねりして】~新郎の職場の後輩①(男性のスピーチ)~3分~

○○先輩、本日はご結婚おめでとうごさいます。○○さんは、先輩からお話に聞いていたとおりの素敵な方ですね。
私は、職場で○○先輩にお世話になっている、後輩の○○と申します。
私たちが所属している商品開発チームは、俗にいうロボットを開発する部署です。時々テレビで、ロボットでサッカーの試合をする映像を流していることがありますが、あれを思い浮かべてもらえるとどんなものを開発しているか想像していただけると思います。現在、研究しているのは掃除をするロボット。一部で商品化されていますが、さらに性能に磨きのかかったものを開発中です。一般家庭で使うことができるような小型のものができるといいのですけれど。
ところで、半年くらい前に、○○先輩がしみじみとこんなことをおっしゃったことがありました。
「ロボットがやることは予測ができるから、安心感があるね。でも、人間の心は予測できないからおもしろいんだなと、この頃しみじみと感じるよ。比較することではないけれどね」
その時は、先輩は何を言いたいのだろうと不自然に思いましたが、今考えると○○さんとのお付き合いが始まって、毎日がとても楽しかった頃だったのですね。生意気な言い方ですが、先輩の表情が日に日に柔和になっていったのもその頃です。それまでは、こわい顔の方でしたから。
先輩、一刻も早く、家庭で使えるお掃除ロボットを実用化できるように頑張りましょう。愛妻○○さんの負担を軽くするためにね。そうだ、育児ロボットの開発もしなければならないかな。でも、新製品の開発より簡単な方法もあります。先輩が掃除当番や育児当番になることです。
お話ししたかったのは、○○先輩のやさしさ、誠実さ、真の男らしさについてだったのですが、あらぬ方向に話が展開してしまいました。
結びに私から○○さんにプレゼントとして、※①○○先輩の保証書を読み上げさせていただきます。「本当の幸せを教えてくれる素晴らしい製品です。ただし、愛情をもって日々仲良く暮らさないとバッテリー切れになりますのでご注意ください。なお返品はききません。○○」。
(アイデア)
自分たちの仕事を上手に絡めたユーモラスな展開をする。
(注意)
女性を車にたとえて、車の乗り方のような下品な内容の取り扱い説明書を作って楽しげに読み上げる人がいるが、様々な人が集まっている披露宴では好ましくない。とくに、新婦の両親や親族が気分を害することがある。
※①:実際に証書のようなものを手作りして、新郎新婦に手渡すのも楽しい。

【オーソドックスに】~新郎の職場の後輩②(男性のスピーチ)~1分30秒~

ご結婚おめでとうごさいます。○○さんの後輩の○○と申します。
○○さんは入社したての私に仕事を教えるチューターでした。はじめは、営業先の応接室での座る位置や名刺の出し方など、色々なことを教えてくださったものです。しかし、しばらくたつと何もおっしゃらなくなりました。「あとは自分で考えろ」という姿勢です。
冷たい人だと思いましたが、じつは先輩はそうやって私を育ててくれていたのです。徐々に自分で何でもできるようになってくると、先輩は、社会生活を送るにあたっての基本的な常識を確実に教えてくださっていたのだということがわかってきました。先輩のおかげで、私はほかの新入社員よりも早く、仕事のやり方を覚えることができたのです。そして、今ではまるで同期の仲間のように、接してくださいます。
男の私から見ても男気のある○○さんは、一生ついていくのにふさわしい男だと思います。○○さんは、絶対に幸せになれると思いますよ。
(アイデア)
新郎の人柄をうまくあらわすエピソードを紹介することで、後輩として自分が新郎を尊敬しているという気持ちを伝えることができる。
(注意)
新婦に関係ない話だけで締めくくらない。最後にひとこと、新婦に贈る言葉もつけ加えるとよい。

【オーソドックスに】新郎の社内サークルの友人(男性のスピーチ)1分30秒

本日はおめでとうごさいます。私は新郎の○○くんと一緒に株式会社○○のスキー部の幹事をやっている、○○と申します。
お二人が出会ったのは、昨年の2月だとか。まさにスキーシーズン真っ只中ですね。ほとんど毎週末、○○くんと私は一緒にスキーに出かけていたというのに、二人はいつデートをしていたのでしょう。
ところで、○○さんもスキーがお好きだとか。今シーズンからは、ぜひ○○さんも私どものスキー部のツアーに参加してください。○○くんから聞いていると思いますが、気さくな人間の集まりなので、すぐに打ち解けて楽しんでいただけると思いますよ。
そうだ、うちの家内もスキーをやるので、一緒に温泉やスキー旅行などに出かけませんか。いかがでしょう。これからは、家族ぐるみでお付き合いさせていただけるとうれしいです。
新婚旅行はカナダでスキーをされるとか。楽しんできてください。
(アイデア)
新郎と自分のつながりである社内サークルの話題を中心に話すが、活動について詳しく述べるよりも、新婦の参加を歓迎するという話にもっていくとよい。

~インフォメーション~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP